elegantree のすべての投稿

オメガ3・オメガ6・オメガ9の違い(memo)

脂質の一種である脂肪酸は、脳や細胞膜、ホルモンなどの構成材料になる重要な栄養素。
人体のエネルギーを生み出す役割もあります。この脂肪酸は大きく、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類されます。

飽和脂肪酸はバターやラード、マーガリンなど、その多くが常温で固形になるものです。人の体内で作ることができます。

一方の不飽和脂肪酸は、オリーブ油・亜麻仁油・エゴマ油・魚油など、常温で液体となるものです。

さらに、不飽和脂肪酸は、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分けられます。

一価脂肪酸は、「オメガ9」と呼ばれるオレイン酸で、オリーブ油やキャノーラ油、紅花油などがこれに分類されます。
酸化しにくく、加熱処理にも向いています。オメガ9は、食べ物から摂取するほか、飽和脂肪酸と同様に体内で作ることができます。

多価不飽和脂肪酸は、さらに「オメガ6」と「オメガ3」に分けられます。

オメガ6の代表的な脂肪酸はリノール酸で、コーン油・ひまわり油・大豆油・ゴマ油などに含まれます。
リノール酸が不足すると、皮膚状態が悪化したり、肝臓や腎臓などにトラブルが起こることもあります。

オメガ3の代表的な脂肪酸はα-リノレン酸、EPA、DHAで、魚油・クリルオイル・亜麻仁油・エゴマ油などがあります。

オメガ6もオメガ3も、体内で合成できない必須脂肪酸ですから、食品から摂取する必要があります。

090602-09